ルクルーゼの手入れ

■お鍋のホーロー面をきれいに保つ方法
調理道具はルクルーゼ指定のものを使用し、強火での使用、急激な温度変化、空焚きにも、注意して使用すれば、お鍋をきれいに保つことができます。

■お鍋の内側が茶色くなってきたら
食材による汚れの場合は鍋に重曹を加えた水を沸かし、しばらく放置してから中性洗剤とスポンジで洗いましょう。汚れがひどい場合は、キッチンペーパーに重曹をつけて洗うときれいになります。または、ルクルーゼの「ポッツ&パンズ クリーナー」を使用しても効果的です。
ただし、色素沈着による汚れが生じている場合がもあります。こげを無理に取り除くことや調理中強火のままで使用してホーローが茶色味を帯びてきてしまった場合は、ホーロー面に細かなキズが生じて、そこから汚れの粒子が入り込んでしまった状態になっていることが考えられます。この場合は変色したものを取り除くことが出来ませんがご使用に支障はありません。しかし、ホーロー面にかなりの負担がかかっておりますので、今後の使用方法において十分に火加減などに注意する必要があります。

■お鍋の外側の煮こぼしの汚れを取る方法
やわらかいスポンジに、中性洗剤を含ませて洗浄してください。または、ルクルーゼの「ポッツ&パンズクリーナー」を使いましょう。たいていの汚れは、やわらかいスポンジでこすればきれいに取ることができます。

■食器洗浄機、乾燥機は使用しても大丈夫?
基本的に使用は可能ですが、以下の2点に注意が必要です。
(1)食器洗浄機には、鍋単独で入れましょう。他の食器などに触れて、キズが付く場合があります。
(2)食器洗浄機の洗剤は、研磨剤や漂白剤が入っていないものを使用しましょう。
汚れが落ちやすいのがホーローの特性でもありますので、中性洗剤を含ませたスポンジでの手洗いがおすすめです。

■サビが出ないようにするには
お鍋と蓋を濡れたままで放置していると、鉄が酸化してお鍋とフタのフチの部分にサビが生じてしまう場合があります。これを防ぐ為には、お鍋とフタを洗った後は、必ず水気を残さないように乾いた布で十分に拭き取り、特にフチの部分が濡れたままにならないように丁寧に拭きましょう。また、長時間料理を鍋の中で保存する場合には、調理後いったんお鍋とフタのフチの水分をきれいに拭き取ってから保存しましょう。その際キッチンペーパーを数枚重ねてフタと本体の間に挟んでおくと、紙が水分を吸収するのでサビの防止になり、おすすめです。
また、長期間ご使用しない場合は、湿気のない場所に保管するようにしましょう。(黒ピンをお持ちの方は付けて保管することをお勧めします。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*