ルクルーゼとは

女性などの間で人気の高い、おしゃれで実用的な鍋などのキッチンウェアの商標のことです。フランス語で「LE CREUSET」と表記します。日本ではルクルーゼジャポンが商標を保有しています。

商品としてのルクルーゼは、フランスのLE CREUSET社が作っている特殊な複数層ホーロー加工の鍋などの製品群を指します。ルクルーゼの特長としては焦げにくい、熱が逃げにくい、材料を入れても温度が下がりにくい、といった長所があります。現在、多くの料理愛好家などに親しまれている用品です。

 

■創業

北フランスはその地理的条件、土壌の質や気候などの要因から200年以上も前から鋳物製品が作られている土地ですが、その北フランスのエーヌ県、サン=カンタン市郊外にある小さな町、フレノワ・ル・グランに、ルクルーゼの本社があります。

この地に工場を構えたルクルーゼ社の創業は1925年になります。「クルーゼ」とは、フランス語で「坩堝(るつぼ)」を意味しています。高熱でとろとろに溶かした鋳鉄を型に流し込む製法を表している「クルーゼ」に定冠詞の「ル」をつけて「ルクルーゼ」という社名になったと言われています。

創業以来、機能的かつ美しいキッチンウエアを作ることをモットーに、さまざまな種類の鋳物ホーロー製品を生み出しています。

 

■第二次世界大戦後のルクルーゼ

フランス生まれのルクルーゼですが、第二次大戦後の1950年代にはフランスだけでなく、アメリカやヨーロッパなどの海外市場へも進出を開始しました。「グリル」のファーストモデルの発表、ファッション的な要素をキッチンウェアに取り入れたイエローを発表し、任期を呼んだのも1950年代でした。同時に、1957年にはフランスの老舗鋳物工場である「クーザンス」社を買収、1958年には「インダストリアルデザインの父」と呼ばれるフランス系アメリカ人のレイモンド・ローウィがデザインした両手鍋「コケル」も発表しました。この「コケル」はルクルーゼ社設立80周年を記念して、復刻版が2005年に発売された。

1960年代には「フォンデュ」を発表、1970年代にはイタリアの著名デザイナー、エンゾ・マリがデザインする「ママ」を発表するほか、アメリカに子会社を設立しました。以降、本格的に海外に進出し、イギリス、スイス、ドイツ、イタリア、スペイン、香港、韓国、シンガポールなどに支社を設立。日本支社である、ル・クルーゼ ジャポン株式会社の設立は1991年でした。

1991年には、世界でもっとも優れたワインオープナーと評価の高い「スクリュープル」をアメリカのハーレン社より買収し、1999年にはストーンウエアの発売を開始するなど、「キッチンからテーブルまで」をコンセプトとし、ウエアをトータルにコーディネイトできるブランドとして成長しました。今では世界約50か国以上に輸出され、プロである料理人から一般家庭まで、幅広く使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*